光岡自動車が産んだ名車「ヒミコ」はロードスターをベースとした2シーターオープンカー

光岡自動車という日本の自動車メーカーをご存知ですか。あまり名の知られていない自動車メーカーですが、日本で10番目の国産車メーカーとして新車・中古車の販売・整備をしています。光岡自動車はもともと一人乗り自動車やレプリカ車を作るメーカーでした。後に新車で販売されている他社の車両を使いクラシックカースタイルへ改造して販売する事業へ着手。これが現在の光岡自動車を支える大きな出来事となりました。ベース車両を光岡自動車が分解、オリジナルパーツを組み付け販売しています。今回ご紹介する「ヒミコ」も同じ手法で作られた2シーターオープンカーです。

光岡自動車の「ヒミコ」はこんな車

「ヒミコ」はロングノーズ・ショートデッキ、クラシカルなエクステリア、上質なマテリアルをあしらったインテリアが特徴のクラシックスタイルオープンカー。デビューは2008年。ベース車両はマツダNCロードスターRHT、ロードスターのAピラーから前を光岡自動車のストレッチ技術で延長しロードスターよりもはるかに長いロングノーズとなりオリジナルボディパネルが与えられています。メッキモールで縁取られた丸形のライト、前後シルバーバンパー、後方へ下降していくフロントフェンダー、丸みのあるリアセクションなどクラシカルな雰囲気。インテリアはベース車両と造形は同じですが本木目パネルなどが選択でき落ち着きのある上質な空間を演出することもできます。

参考:光岡自動車が産んだ名車「ヒミコ」買取専門ページ!

オリジナル加工を施した「ヒミコ」は全長4,575mm全幅1,725mm全高1,225mmホイールベース3,030mmと長いボディとショートオーバーハングが印象的なスタイリングで誕生しました。エンジンやトランスミッションはベースのロードスターと共通で2.0Lガソリンエンジン、トランスミッションは6速オートマチックもしくは6速マニュアルを選択できます。幌タイプ追加、ギターメーカー「リッケンバッカー」とコラボした特別仕様車、伊勢丹とコラボした特別仕様車「クレイジータイマー」、ビビッドなカラーリングを配した戦国時代をイメージした特別仕様車「乱」、ツートンカラー仕様など年次改良や特別限定仕様車を展開。2018年にベース車マツダ・ロードスターのフルモデルチェンジに伴い、「ヒミコ」も2代目へモデルチェンジしました。先代とスタイリングはほぼ同じですが、よりアグレッシブな造形となり、ヴィンテージカーにみられる外付けトランクをモチーフにしたトランクボックスが特徴のリアスタイルへ変わりました。

全長4,580mm全幅1,740mm全高1,235mmホイールベース2,910mmとロングノーズ・ショートデッキスタイルを継承。前後重量配分を48:52と理想的な重量配分を実現。エンジンやトランスミッションはベース車両に従い1.5Lガソリンエンジン、6速オートマチックもしくは6速マニュアルトランスミッションのラインナップ。室内はアルカンターラを使ったシックで暖かみのあるインテリアが特徴の新型「ヒミコ」。モデルチェンジをしても独自の路線をブレずに進んでいく光岡自動車「ヒミコ」でなければできない道を今も進み続けています。

ヒミコの安心感と注意点

「ヒミコ」はマツダ・ロードスターをベースとしていることは先ほど述べた通りです。よって、何らかの車両の故障や不具合があったとしても国産車メーカーの部品を使うことができるため整備面でも心配はありません。国産車ベースなのでそこまで故障などを心配する必要性はありませんが万が一のときでも対応が可能なのは安心感があります。もちろん、車検を通すことができ車検証が発行され一般道を走行できます。ここで注目してもらいたいのが車検証の型式。光岡自動車「ヒミコ」のカタログ情報などでもわかるように型式の最後に「改」と記されています。この「改」は簡単に言ってしまえば「改造車」を示すものなのですが、車検証に記される「改」は保安基準にクリアした合法改造車であることを示しているので安心して公道を走行することができます。

もうひとつ「改造車」で気がかりなのは自動車保険。合法改造車である「ヒミコ」はもちろん自動車保険に加入することができます。しかし、保険会社によって扱いが異なるケースがあったり、「改」と記されている車両は加入することができなかったりする場合があるので「改」と車検証に記される車両へ切り替えられるか、加入できるかどうかは乗り替える際に問い合わせることを忘れないようにしてください。繰り返しになりますが「ヒミコ」は国産車をベースとした合法改造車ですのでアフターケアの面でも保険の面でも安心して乗ることができますのでご心配なく。

ヒミコのおすすめグレードはどれ?

クラシカルなエクステリア、上質なマテリアルを身にまとったインテリア、日本が誇る走る芸術作品とも言える2シーターオープンカー光岡自動車「ヒミコ」。そんな「ヒミコ」のオススメグレードは「ヒミコ」のキャラクターやキャッチコピー「宝石すら、嫉妬する。」ような「S レザーパッケージ(6AT)」が断然オススメ。レザーを使った上質を極めたインテリア、外観だけでなく内装からも特別な車に乗っている感覚を存分に味わうことができるグレードです。オプション扱いになりますが、デコレーションパネル、センターコンソールリッド、ドアトリム、パーキングブレーキブーツ、シフトブーツをアルカンターラにすることもできます。

フルオプションにして暖かみのある手触りの良いインテリア仕様に仕立てると更に満足感が高くなります。ベース車両のロードスターは走りを楽しむ2シーターオープンカーですが、「ヒミコ」は空間を楽しむ2シーターオープンカー。ルーフを開けて都会を楽しむことも自然豊かな郊外の新鮮な空気を楽しむこともできるできるのは「ヒミコ」だからこそ楽しむことができる特別な空間と時間。台数が多く出回っている車両ではないため貴重で希少価値が高くゆっくり走っていても煽られる心配がないのもひとつのポイントかもしれませんね。希少価値が高いということはリセールも良いということになります。中古車情報を見てみると「ヒミコ」は5年落ちでも400万円以上の価格(2018年12月時点)がついています。

ヒミコの正装はルーフオープン時

クラシックカースタイルのオープンカー「ヒミコ」の正装はルーフを開けているときです。ルーフを閉じているときも「ヒミコ」の印象的なキャラクターは面影を残しますが、オープンにしたときの流麗なスタイル、サイドシルエット、チラッと覗かせる質感の高いインテリア、主張しすぎない美が宿る後ろ姿は「ヒミコ」の美しさをより際立たせます。走っていても停まっていても注目度が高い「ヒミコ」はまさに謳い文句通りの「麗しき、刺客。」。小規模ながらもこだわりの強い自動車を作り続けている光岡自動車。これからも自由な発想と独自のスタイルを貫き通し、見た目はクラシック中身は最新という光岡自動車らしいオープンカーを作り続けていくことでしょう。

[ライター/齊藤 優太]