日本は多種多様なオープンカーが選べる自動車文化。一度体験してみてはいかがでしょうか

暑い夏が過ぎると、オープンカーにとって最高の季節が訪れます。紅葉の山道を走るのもいいですし、心地良い空気に包まれて夜の都会をクルーズするのもオススメ。いずれにしても、走り慣れた道であっても、オープンカーで移動すればこそ見える世界、味わえる空気があります。冬の寒い日にオープンカーで走らせる開放感は堪えられないものがありますね。

オープンカーは意外と縁遠い存在?

オープンカー。それは、実用性とは真逆に位置するクルマのひとつといえます。その多くは2シーターであり、4シーターモデルだとしても、クーペモデルよりもリアの居住性が快適…とはなかなかいかないものです。つまり、実質は2シーター(2+2くらい?)ではないでしょうか。

それだけオープンカーは非日常が味わえるクルマであり、日本であれば、軽自動車規格から超がつくほどの高級車まで。多種多様なオープンカーが選べる自動車文化といえます。選択肢という点においては恵まれているはずなのに、縁遠いのはなぜか?それは多くの場合、実用車として使い勝手の良いクルマをもう1台所有していないと、いざというときに不便さを感じる場面があるかもしれない…という点、そしてもうひとつは経済的な理由も大きいでしょう。車格に関係なく、オープンカーはぜいたくなクルマなのです。

サンルーフやパノラマルーフでは味わえない、オープンカーの開放感

わざわざオープンカーを増車しなくても、サンルーフやパノラマルーフの設定があるクルマならそれで充分ではないか?と思われるかもしれません。オープンカーを所有したことがある方、運転したことがある方であれば「まったくの別モノ」であることはすぐにイメージできるはず。「開放的」という点は同じですが、「開放感」の味わいは、もはや別次元です。

頭上を覆うものがまったくない。風を通じて肌に直接伝わってくる気温、湿度、その土地の匂い、運転していて感じられる季節感は何物にも代えられません。それはクルマというより、バイク乗っているときに近い感覚かもしれません。それだけに「オープンカーなんていっても、普通のクルマと大して変わらないだろう」と思い込んでいた方ほど良い意味で期待を裏切られるだけに、いちどこの爽快感を味わったらやみつきになることも少なくないのです。

カーシェアリングでオープンカーに乗ってみてから購入を検討するのもあり

オープンカーは欲しいけれど、置き場所や経済的な理由などから所有することが難しい…。そんなときこそ、個人間カーシェアリングサービスでオープンカーに乗るという手段をオススメいたします。その理由として…

・日本車はもちろん、さまざまな国の輸入車など選択肢が豊富である
・最近のモデルからクラシックカー/ネオクラシックカーまで、選択肢が豊富である
・購入を検討している場合、オーナーさんから使い勝手や維持費など生の声が聞ける
・さまざまなオープンカーを乗り比べられる

カーシェアで「さまざまなオープンカーを乗り比べられる」は、多くの方が享受できる方法ではないでしょうか。この機会にぜひ、オープンカーデビューしてみてください!

クルマを持っている方も、そうでない方も、カーシェアでのオープンカー体験を!

本当に欲しいモデルがあり、さらに置き場所や予算の目処もつきそうな場合、現行モデルであればディーラーで試乗することができますが、絶版モデルとなるとそれすらもままならないことがあります。また、所有することは難しいけれど、是が非でも乗ってみたい…そんなオープンカーもあるはずです。

ぜひ魅惑の世界の扉を開いてみてください。

[ライター・カメラ/オープンカーラボ編集部]